学び

高齢者の習い事調査と60代以上のシニア世代に優しい生涯教育の探し方

更新日:

「だんだん暇になってきたんだけど、家で読書しててもつまらないし、習い事でもしてみようかな。」

そう思っても、自分に合った習い事をどうやって探せばいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

シニア世代の習い事事情

ここ数年前の高齢者に対する電話調査によると、習い事をしていると答えた高齢者は4割を超え、年齢も60歳以上は56%と、かなりの人数のシニア世代の方が習い事に興味を持ち、実際に通っているという傾向があります。

(出典:調査バンク、データバンクサイト レポセン調べ)

シニア世代に人気の習い事

習い事の種類については、ピアノ、お琴、三味線、サックスなどの楽器やコーラスや歌等音楽関係の割合が多く、その次に書道、生け花などの文化系、そのあとにゴルフ、ヨガのようなスポーツ関連の習い事が続いています。

70代になってくるとスポーツ系を好む方は減ってくる傾向にあり、無理がなく楽しめるスクールが選ばれています。

高齢になってからの激しい運動は、逆に脳を必要に圧迫したり、心臓への負担が増す結果になりますので、スポーツ関係の習い事を選ぶときは体調に合わせたジャンルを選択することが重要です。

最近人気のシニア向けパソコン教室

パソコン教室を選ぶ男女比は男性のほうが多く、自己のスキルアップを続けたいという目的をもって習い事をしている方も多く見受けられました。

最近ではネットスーパーなどのショッピングが手軽にできるようになったことから、これらのサービスを利用するためにパソコンを習いにくる高齢者も増えているようです。

健康を保つための習い事がしたい

「リタイアしてもまだまだ元気!若々しくはつらつとするための習い事がしたい。」

そう思っても、ご近所の教室が自分に合っているかどうかわからない・・・と躊躇してしまいがちです。

そんな時は習い事ポータルサイトで情報を集めてみるのも一つの方法です。

習い事が全国規模で探せるポータルサイト

こちらのは携帯での検索予約サイトで有名なEPARKの運営で、全国どこにいても、趣味に合った習い事を探すことが出来ます。



サイトの字も大き目で、検索しやすいのが特徴ですので、気になる方は一度お近くのスクールを検索してみてください。

各地域のスクール情報が網羅されていますので、まずはお問い合わせして自分に合っているか確かめてみましょう。

EPARKスクールなら受講後の口コミ投稿で2,000円プレゼント>>

まとめ

これから超高齢化時代に突入するにあたって、生涯学習としての習い事やスクールも増えてくると思います。

習い事を続けることは心にも体にも若さをもたらし、それを続けることによって自分の能力も上がり、習うほうから教えるほうに転向するという、新しい道も生まれてきます。

今までやってこなかったけれど、興味があり、一度はやってみたいと思うジャンルに積極的にチャレンジしてみましょう。

よく読まれている記事

-学び
-

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.