チャレンジ

白髪染めは身体に悪い?自宅でできる頭皮に優しいヘアカラーの選び方

更新日:

年齢を重ねるごとに増えてくる悩みの一つに「白髪」があります。

「いつまでも若々しく見られるために、白髪を染めたいけれど、だんだん白髪も多くなってきて・・・」

と思って生え際から白髪が見えてくるたびに美容院に行って染めていては、時間もお金も、そして健康にもよくありません。

リタイア世代にとっては、時間とお金はなんとかなったとしても、健康に悪いとなると一大事です。

白髪染めがどのように身体にとって悪影響を及ぼすのか徹底解析しました。

スポンサーリンク

白髪染め1剤に含まれる「ジアミン」の発がん性、毒性

ジアミンとは

ジアミンは主に美容室で取り扱うカラー剤(1剤)に含まれる発色剤です。

ジアミンは化学物質でPPDA

パラフェニレンジアミン、

硫酸トルエン-2.5-ジアミン、

パラトルエンジアミン

などがありますが、

天然の色素のように薄く染まるのではなく、少ない色素でもしっかりと濃い色で染まります。

「それなら、美容室のほうが手軽だし、一回で染まるのだからいいのでは?」

と思いがちですが、ジアミンには発がん性もあり、劇薬として1991年にフィンランドで一般用全面禁止、その後いろいろな国で禁止されているところもあるくらいの毒性があります。

なんと、10gが致死量です。(おちょこ一杯分弱くらい)

当然、化学物質なので、身体に取り込まれても消えることはなく、皮膚から吸収されると血液にのって全身に行き渡り、臓器に蓄積されていきます

高齢になってくると内臓も弱ってくるので、がんが発生しやすくなるのも理解できます。

皮膚がかぶれる、アレルギー症状が起こるといった副作用があり、体の弱い方にはおすすめできません。

 

ジアミンはいろいろな色が作り出せますが、茶髪にするなどのおしゃれ染めよりも、白髪を暗くすることが目的であれば、自宅でのノンジアミンのカラーリングトリートメントやシャンプー、塗るタイプのカラー剤のほうが体には優しいといえます。

ノンジアミン、植物性染料の白髪染め比較はこちら>>

過酸化水素の危険性

過酸化水素とは

カラー染料の2剤に含まれている過酸化水素は、1剤のアルカリと混ざり酸素を発生させます。

その酸素によって髪本来のメラニン色素を脱色する働きがあります。

しかし、この過酸化水素にも発がん性があることが判明し、日本では1980年に過酸化水素の使用が禁止されました。

それにも関わらず、厚生労働省は過酸化水素を分解させれば使用してもよいと解釈を変えて1981年に使用を再開させました。

そして、今現在もカラー剤の2剤として日本で使い続けられています。

過酸化水素が白髪を増やす原因に!

「カラー剤に含まれる過酸化水素が実はさらなる白髪の原因の一つだった」

という報告がアメリカの学会で発表されました。

確かに歯のホワイトニングにも過酸化水素が使われていますので白くなるというのはわかる気もしますが、

せっせせっせと塗り続けていたカラー剤でさらに白髪を悪化させていたとは!

ではこの過酸化水素を体内からなくすためにはどうしたらよいのでしょう。

過酸化水素を分解する食べ物とは

過酸化水素を素早く分解してくれる食べ物はパセリ、レバー、しじみなどの鉄分を多く含む食品です。

しかし、過剰摂取をすると過酸化水素と結びついてヒドロキシラジカルという悪性の活性酸素になってしまいますので

量はしっかりと守って摂取しましょう。

過酸化水素は、カタラーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼなどのもともと人が持つ酵素によって分解されます。

年とともに出にくくなった酵素を取り入れることで、過酸化水素を分解することが可能です。

カタラーゼの増やし方

カタラーゼという酵素は体内で生成されますので、よりカタラーゼができやすい体にすることが大切です。

・あまり多くを食べすぎず、時々プチ断食をする

・甘いものを食べないように気をつける

・鉄分を摂り、正しい食生活を心掛ける

このような心掛けでカタラーゼを体内に増やすことができます。

グルタチオンペルオキシダーゼの増やし方

グルタチオンペルオキシダーゼという酵素を体内で増やすには、セレンという栄養素が不可欠です。

セレンあん肝、豚レバーやたまご、鰹節、魚介類などに多く含まれています。

日本人は魚介類を多く取るので、セレン不足にはなりにくいといわれています。。

しかし、足りなくなると鬱や筋力低下などの病気になりやすいので気をつけながら適量を取ることが肝心です。

だいたい100μg取れればよく400μg以上は摂りすぎになります。

白金ナノコロイドやビタミンCによっても過酸化水素は分解されますので、ビタミンを多く摂取して過酸化水素水が体内に入ってもすぐに分解する体作りを心がけましょう。

身体に良いカラー剤の選び方

これらのことを踏まえると

・ノンジアミン

・過酸化水素が発生しないカラー剤

が良いという結論になりましたが、難しくて自分で染められないという方は、自分でカラー剤をもっていけば染めてくれる美容室を選ぶのも一つの方法です。

自分の身体は自分で守らなければなりませんので、カラー剤の正しい知識をもって商品を選んでみてください。

自分に合った自宅でできる白髪染め比較サイトはこちら>>

脳が喜ぶサプリメントランキング

 脳が喜ぶサプリメントは世の中にいっぱい。そしてどれをせんたくしたらいいのかわからない。

そんなあなたのために私たちが独自で調査した脳が喜ぶサプリメントをご紹介します。

サプリメントは薬ではありませんので即効性はありません。継続して摂取していくことで体質改善ができます

[st_af id="1"]

モンドセレクション金賞受賞!学習特化型DHA高配合サプリメント【Dr.Dekisugi】

 集中力を上げ記憶力をアップするサプリメントとして人気が出ているのが「Dr.Dekisugi」。1日6粒を飲み続けると効果が実感できます。

すでに購入された方の97.4%のリピートと驚異の結果。そんな注目されているのがDr.Dekisugiです。

Dr.Dekisugiの特徴

学習力アップに必要な栄養素を豊富に配合させているのが最大の特徴。
記憶力、集中力、身体の健康に必要なDHA・EPAを500mgも配合。
脳の活力をアップさせるブレインフードと呼ばれる、ホスファチジルセリンを200mg。
更に、ストレスの緩和に働きかけるGABAを30mgも配合しているのです。

脳と身体の活性化にプラスして、学習時の子供のストレスも緩和させる栄養素を豊富に含むサプリメントなのです。

no image
一括料金比較|最安値の電気代・スマホ代・太陽光発電・保険を徹底比較

4月からの新生活。お金がかかるイベントが多いですね。今、支払っている過剰な支払いを見直して削減してみませんか?無駄に払いすぎているものを作戦するために一括見積もりサービスをまとめてみました。 生活にま ...

続きを見る

よく読まれている記事

-チャレンジ
-

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.