ネットビジネス 資産形成

65歳から始める小遣い稼ぎ術「クラウドソーシング」とは何か

更新日:

昔の65歳と今の65歳では、まるで環境が違います。以前の65歳と言えば、ほとんど隠居状態に近かったです。

世間との関わり合いは少なく、仕事を離れてまったりと余生を過ごす暮らしになっていました。ところが平成の今日おいて、65歳は現役世代です。それこそ職場において、指導者としてバリバリ働く人々も珍しくありません。

以前は老後と呼ばれた年齢が、今日では現役世代に引き下げられており、現代の老後は85歳以降とも言われています。

65歳はまだまだ若い時代です。本当の若者には負けますが、引退する程の年齢ではなくなりました。ただ、現役でバリバリ働けるといっても、いわゆる老後の心配は依然として残されたままです。

今現在、国の年金は滞りなく支払われていますが、専門家やマスコミ報道によると、いつそれが破綻しても不思議ではないと言われています。

自分の老後は自分で守る、現代の65歳にはこの視点が不可欠です。ただ、本業で指導者や顧問役を務めながら、副業を始めるのは案外困難です。また真面目にサラリーマンとして長年働いて来た方が、突然起業したり、投資に打って出るのはかなりのハイリスクが伴います。

老後のお小遣いをちょっぴりで良いので、ゼロリスクで作りたい、そんな方々はハイリスクな方法ではなく、ヤフオクで昔のコレクションを売る方法を選びましょう。ヤフオクでお金を稼ぐ方法なら、素人でも即、始められます。また昔ハマっていた趣味のコレクションといっても、今の自分にとっては不用品になっている事は多く、不用品を処分して臨時収入がドンドン手に入るなら、まさに一挙両得でしょう。

リサイクルショップに売る手もありますが、お金を稼ぐ事を意識するならヤフオク一択です。古書や鉄道模型やプラモデル、骨とう品や美術品など、こういった専門性が高いアイテムは、普通のお店に持ち込んでも適正な査定が受けられません。

またヤフオクならその分野のマニアの方々が常に出品されるアイテムをチェックしています。

文字通りヤフオクはオークション形式なので、希少価値が光るアイテムを出品すれば、落札を希望するユーザー同士が競争し、値段が短時間でドンドン上がっていきます。出品に掛かる手間もほとんどありません。

カメラやスマートフォンがあれば、写真撮影は楽々ですし、パソコンが手元にあれば、すぐにオークションのユーザーになれます。自分目線ではガラクタに見える骨とう品や美術品などもとりあえず出品してみましょう。その道のマニアの目に留まれば、高値で落札してもらえます。

よく読まれている記事

-ネットビジネス, 資産形成
-,

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.