アクティブ 社会貢献

カーシェアリングで車検費用・自動車税を節約

更新日:

退職をすると生活の糧が年金と退職金になり、生活レベルの維持のためには以前よりも節約をする必要が出てきます。

例えば、普段乗っている自動車にしても、カーシェアリングを利用することでコストが大幅に削減できます。

どの程度削減できるかについては、これまでの乗車頻度によるところが大きいですが、休みの日のみ、週1回から2回程度の場合は自分で自動車を所有しているよりもかなりお得になります。

カーシェアリングの料金体系は基本使用料と使用するごとに時間単位で発生する費用で構成されており、基本使用料については1000円ほどのところが多くなっています。これに15分当たり200~300円の費用がかかります。8時間利用すると、概ね8000円ほどという計算になります。

一方、自動車を自分で所有する場合は、車検費用や自動車税などが発生しますし、何よりも車両そのものの購入費がかかります。都市部の場合は駐車場代も無視できないでしょう。例えば100万円の自動車を購入し、10年乗り続けるとすると、車両費が概ね月1万円、駐車場代も月1万円ほど、車検については2年に一回10万円ほどかかります。

非常に大雑把な計算にはなりますが、週に概ね10時間以上自動車を利用するのでなければカーシェアリングの方がお得ということになります。

もちろん所有する自動車の車種によって大きく異なりますので、個々に計算をするべきではありますが。今のところは問題なく運転ができていても、高齢者の事故が多発している社会を見ていると、これからは運転のペースが少なくなっていくと考えるのは自然なことです。

人生の支出の中で自動車はかなり大きなウエイトを占めており、食費や光熱費を苦労して節約したり、孫にあげるお小遣いを少なくするよりも、ずっと節約の効果が高いと考えられるのです。

またカーシェアリングのもう一つのメリットとしては、車両のメンテナンスを代行して貰えることです。自分で所有している車ですと車内の掃除も自分で行わなければなりませんし、消耗品類を補充したり、調子の悪い箇所が出てきた時は修理に出す必要もあります。

しかしカーシェアリングはレンタカーの一種でもありますので、そのような手間がかからなくなります。お金の節約以上のメリットと感じる方も多いのではないでしょうか。まだ歴史の浅いものですが、今後はさらに利用者が拡大し、社会の仕組みもそれに合わせたものに変化していくでしょう。

よく読まれている記事

-アクティブ, 社会貢献
-,

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.