学び 社会貢献

電力・ガス自由化を賢く使って節約生活

更新日:

年金生活で暮らすとなると、収入が限られてくるので支出を減らすことが節約につながります。

支出を見直すことによって、無駄なお金を使わなくなり、洗練された生活をすることができるようになります。

特に支出の中で、毎月必ず支払わなければならないのが光熱費です。電気やガス、水道などがあるからこそ、快適で便利な生活をすることができますが、それらの光熱費は基本料金は定められていますが、それ以外は使った分だけ支払う設定になっていることがほとんどです。

そのため、使う分を節約すれば、自然と光熱費の節約につながることになります。ただ、それ以外に電力とガスの自由化が始まったので、今まで契約している電力会社を見直すことも節約につながります。

今までは、住んでいる地域に定められた会社で契約することになっていましたが、そうなると価格やサービスの競争が行われず、不平等ではないかという声があがりました。さらに東日本大震災がおこってから、原発反対の声があがり、もっと自然に優しい方法で作られた電気を購入したいという声があがったことから、自由化が促進されるようになりました。

そこで国は自由化を推し進めることになり、2016年から電力自由化、さらにその後にはガスも好きな会社と自由に契約できるようになりました。そこで電気を生み出す方法にこだわって会社を選んだり、サービスの充実を優先して選ぶということができるようになりました。

自由化になったことによって、様々な企業が進出してきたことから、サービスの向上と電気料金が以前よりも安く値引きすることが期待できるようになりました。

会社によっては、夜間に電気を使う人は安くするなど、ライフスタイルに合わせてより値引き幅を多くしたプランを提供するようになりましたし、支払う電気料金に合わせてポイントを付与するなどのサービスを行うようになりました。

そのため、今まで利用していた電気会社を見直すことによって、光熱費が安くなり、結果的に節約できるようになる可能性が高まっています。

ただ気になるのが、電気会社を変更することによって、今までのように電気が安定して使えなくなるのではないかということや、災害時に普及工事が遅れてしまうのではないかということです。

しかしそれは心配する必要は全くなく、消費者保護の仕組みが法律で定められているので、トラブルが起こったときにも、契約している会社が変わっても今までと変わらず手厚いサポートが受けられるようになっています。

よく読まれている記事

-学び, 社会貢献
-, , ,

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.