アクティブ 家族 教える

農家の平均年齢は68.5歳「後継者問題」に迫る

投稿日:

日本の食料自給率は先進国の中でも下位に位置しているのですが、なぜ下位に位置しているのかというと農業の環境が著しく悪化しているからといえます。なぜ環境が悪化しているのかというと、それは農業に携わっている人のことを農家といいますがその農家の後継者問題がかかわっているからです。

現在の農家の平均年齢は68.5歳であり、通常であれば引退してもおかしくない状態で現在に至っています。なぜ68.5歳の年齢層が多く、それ以外の層が少ないのかというと先に言ったとおりに日本の農業の形が若い世代が望む形に変えられていないからです。これまで農地というのは継承性で、過去に農業をしていた人が親族間で受けついでいく形です。

しかし親族間で受け継ぐ形のデメリットは、その親族間が農業に携わらなくなると別の人に継承できないので荒れ地になってしまいます。さらに後継者問題が起きているのは農家の低収入が大きいからです。現在多くの農家は農林水産省直属の機関である農協と契約しお金を借りて、設備を購入し収穫した作物を農協に移して転売しスーパーなどに送る形です。ここで問題になるのが農協です。

農協のメリットは販売面での安定化が望めることですが、器具を借りた時のレンタル料と登録料を支払うだけでなく収穫した作物の値段も農協が決めることになるので育てた人間にわたる賃金がすくなくなってしまいます。それでは故郷に帰って親の農地を受け継ぎたいという人間がいても、この農協の環境の問題がかかわって行いづらいです。

そして農地を別の人に譲りたいといっても、その農地は継承性で前任者が許可をしなければ譲ることもできないです。後継者問題をクリアできる環境を整えれば、日本の食糧問題である自給率の改善に役に立つことになります。

そのためには農地の継承性をなくし、使われなくなった農地を各自治体が買い取りそれを農家になりたい若い世代に譲ることのできる環境を整えます。そのうえで天候や虫や雑菌による農作物の不作による低収入のリスクを抑えることのできる仕組みを作ります。

そのうえで販売する際には農家がしっかりと生活できるように、その設備投資の支援だけでなく作った作物の値段を農家が決められる仕組みを作ることが大事です。後継者問題は過去の仕組みと現在のニーズの相違によって引き起こされている問題です。

この問題をクリアするためには、なぜこの問題が起きているのかを把握したうえで対処法を考案し実行することが一番です。

よく読まれている記事

-アクティブ, 家族, 教える
-,

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.