アクティブ 価値ある商品 教える

身近な脳科学「脳の錯覚」を利用したVRの仕組み

投稿日:

日本では、脳の仕組みや脳科学に興味を持つ人が増えています。VRについても、ようやく認知されるようになっています。

VRとは、ヴァーチャルリアリティーのことです。ヴァーチャルリアリティーとは、コンピューターによって人工的な環境を作り、そこにいるような体験ができる技術です。仮想現実とも呼ばれており、脳科学やゲームの世界で話題になることが多いですが、技術が成熟しつつあることで、用途が広がっています。

ヴァーチャルリアリティーは、医療の分野やエンターテインメントの世界では、すでに活用されています。

自動車メーカーの中には、顧客が新車をどう感じるかを、ヴァーチャルリアリティーを使って調べているメーカーもあります。

様々な体験をシミュレートすることで、物理的なプロトタイプを製作せずに、直接製品を開発するプロセスに進むことが可能なのです。

ヴァーチャルリアリティー技術は、日々進化しています。
アメリカの大手証券会社は、仮想現実や拡張現実に関連した機器の市場規模が、2025年までに最大で1100億ドルになると予測しています。実際に、ITの一流企業による投資合戦が始まっているのです。

ヴァーチャルリアリティーの認知度が高まったのは、高い性能を持つHMDの普及に加えて、簡易型のHMDが誕生したことも大きく影響しています。誰もが手軽にヴァーチャルリアリティーを楽しめる環境が整ったことで、急速に普及するようになったのです。

不動産や製造、建設、広告、教育などの分野でも、ヴァーチャルリアリティーの導入が進んでいます。

最近、大きな話題となったのが、ヴァーチャルリアリティーに対応した英会話学習アプリです。

このアプリは、ゲーム開発を手がける企業が制作に協力しており、英語で案内するシーンをヴァーチャルリアリティーで再現しています。スマートフォンで学習できる通常のモードと、ヴァーチャルリアリティーのモードを切り替えて利用することができるようになっています。

市販されているHMDを使うことで、ヴァーチャルリアリティーによる疑似コミュニケーションを簡単に体験できます。
ヴァーチャルリアリティーは、英語学習と親和性が高く、高い学習効果が期待されています。

VR機器には、様々な種類があります。ここ数年で脚光を浴びているのが、匂いを出せる製品です。仮想現実上に匂いを発するオブジェクトを置くと、オブジェクトに応じて匂いが発生してその匂いを嗅ぐことができ、臨場感がさらに高まります。

よく読まれている記事

-アクティブ, 価値ある商品, 教える
-, ,

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.