アクティブ 健康

脳を活性化する食べ物で心も体も健康に!

更新日:

脳は人体の中枢をつかさどるといわれる器官です。

じつは、脳は食べ物によって活性化させることができることが知られています。
なかなか集中力が続かずやる気がでない、という場合には脳がエネルギー不足を起こしている可能性があるので、日々の食生活を見直してみる必要があります。
脳のエネルギー源はブドウ糖と酵素なので、これらを効率よく摂取することが大切です。

ただし、やみくもに血糖値を上げるといいのかというとそうではなく、急激に血糖値が上がった場合、その後に反動で低血糖におちいってしまうので逆効果となってしまいます。

理想的なのは、インスリンの分泌を抑えてくれる低GI食品を摂ることです。
また、なるべく避けたほうがいい食品もあります。

食品添加物と合成着色料が多く入った食品を食べていると、ビタミン、ミネラル不足を起こし、イライラしやすくなったり集中力が続きにくくなったりします。
合成着色料を摂りすぎてしまうと、大切な栄養素のひとつである亜鉛を体外に排出してしまうので注意が必要です。

それから朝、食事を抜く人が中にはいるようですが、食事を抜くのはあまりおすすめできません。
朝の食事を抜くと、低血糖をおこし、ガソリンが切れたような状態になってしまうからです。
ですので、朝食はしっかりと摂るようにしましょう。

朝食にはバナナやりんごなどのフルーツを添えたり、ヨーグルト、砂糖入りのコーヒーがおすすめです。

血糖値が上がることでエネルギーが充満されるからです。
ただし砂糖は摂りすぎないように気をつけるようにしましょう。

普段の食生活で摂りいれるべき栄養素は、たんぱく質、ビタミンE、DHAとEPA、糖質、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、ビタミンCなどです。

これらはやる気をアップさせてくれる成分なので、意識的に常日頃から摂取するようにするといいでしょう。

また、飲料は時間がないときでもすぐに摂取することができるので便利です。
集中力をアップさせたいときは、水分補給とエネルギー補給が同時にできるスポーツドリンクがおすすめです。

短期間でやる気と集中力アップをしたいときにはチョコレートが効果的です。
チョコレートにふくまれるポリフェノールには、集中力を高め、リラックスさせる効果があり、自律神経を整える作用もあることがしられています。

このように脳と心を活性化してくれる食べ物はさまざまなものがあるので、積極的に摂りいれて元気になりましょう。

よく読まれている記事

-アクティブ, 健康
-, , ,

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.