サプリメント 価値ある商品 健康

脳を活性化する身近な生活習慣は食べ物に秘訣があった

更新日:

脳は人間の思考はもちろん、活動や感情に至るまで様々な要素を司るため、脳を活性化させることで日々の生活をより充実させることができます。

しかし、活性化させようと思っても運動や計算トレーニングなどではどうしても続かないといった問題があります。そこで生活習慣の中で良い影響を与えていくことをお勧めします。

脳を活発に動かすには3つのポイントについて知っておく必要があります。その3つとは血行、神経伝達物質の働き、神経細胞の成長です。血行は酸素の供給に大きな影響を及ぼします。

神経伝達物質とはドーパミンやセロトニンなどを表します。これらの物質が行き来することで順調な活動が行えるようになります。裏を返せば神経伝達物質が停滞すると、精神にもマイナスの影響が出てしまうこともあります。

食べ物を工夫することで脳を活性化させることができます。その代表格はブルーベリーやイチゴ、ナッツ類です。ブルーベリーやイチゴには有害なタンパク質を取り除いてくれる効果があることが分かっています。

ナッツ類には「アミロイドβタンパク」を分解してくれる働きがあります。この「アミロイドβタンパク」はアルツハイマーの原因となるとされており、ナッツ類を食べることでアルツハイマーの抑制に期待できます。ナッツ類の中でもピーナッツには神経細胞の働きを向上させる「レシチン」も含まれているのでお勧めです。

チョコレートにもたくさんの役立つ成分が含まれています。特に「カカオポリフェノール」は脳の栄養を補い、機能を促進してくれる効果があります。

また、リラックス効果を持つ「テオブロミン」も含まれています。ただし、売られているチョコレートの中には糖分をたくさん含むものもあるので注意が必要です。

生活習慣の中に取り入れやすく、高い効果を持っているのが大豆と魚です。この2つはいずれも日本人が古来よりよく食べてきた食べ物ですが、昨今摂取量が減ってきています。大豆にはナッツ類と同じく「レシチン」が豊富に含まれています。それでいて質の良いタンパク質を摂ることができます。

魚の中でも特に青魚にはDHAやEPAが含まれています。血液を綺麗にしてくれる成分として知られるDHAやEPAは、神経細胞の成長を促したり、神経伝達物質の働きをスムーズにしたりする効果があります。また、DHAやEPAは取り入れない限り体内で作り出すことができないため、摂取する必要が高いと言えます。

よく読まれている記事

-サプリメント, 価値ある商品, 健康
-, , ,

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.