コミュニティ ボランティア 家族 感謝

老老介護・認認介護による共倒れを対策するには

更新日:

老老介護・認認介護という言葉は、近年急速に注目されるようになった言葉でもあります。いずれも問題も高齢化社会が進んだことが影響しているものです。

老老介護とは65歳以上の高齢者を65歳以上の高齢者が介護しているというような状態を指します。例えば、高齢の妻を高齢の夫もしくは65歳以上の高齢の子供が介護をしているような状態です。

そして、認認介護は、認知症で介護を必要とする人を同じように認知症の人が介護しているような状態であり、老老介護よりも自身の状態を正しく把握しにくいことや急速に症状が進むことも考えられるため、危険な状態であると言えます。

なお、在宅で介護をしている世帯の半数以上は老老介護であるとも言われています。このような状態の問題点は、介護をする側も介護を受ける側も高齢者である場合、高齢になるほど体の自由はきかなくなりますので、介護をする側の肉体的負担は大きくなりますし、精神的なストレスにより、虐待行為に結びつく可能性も考えられます。そして、介護をする側が体調を崩した場合、介護を受けることが出来なくなった側も体調を崩し共倒れとなる可能性があります。

そして、介護をする側・介護を受ける側がどちらも認知症である場合、認知量による記憶力や判断力、認識力が低下することで、日常生活をおくることが難しくなる可能性があります。

認知症以外の病気を患っていた場合で、医薬品を服用する必要がある場合にもその管理が出来なくなる可能性があります。さらに、火の不始末による火事、徘徊による事故、詐欺のターゲットになりやすいなどのトラブルに巻き込まれる可能性も高くなります。

老老介護・認認介護に対する対策として有効なこととしては、子供や親戚、兄弟など頼ることが出来る人に頼るということです。遠方に住んでいるなど、すぐに有効な対策をとることが出来ないという場合であっても、相談をし、現状を伝えることにより話すだけでも気分が楽になるということもあるでしょう。

そして、出来るだけ早いうちに、行政サービスを利用するようにすることも大切です。相談窓口が設置されているところもありますので、気軽に相談をすることが出来ます。

ただし、高齢者の場合、自宅から出るということが難しいことも考えられます。その為、今後はより密接に地域の中で高齢者を支えるという状況が必要となると言えます。

今後ますます介護を必要とする人、介護をする人は増加する事が考えられるため、早めに対策をとることが何よりも大切です。

よく読まれている記事

-コミュニティ, ボランティア, 家族, 感謝
-, , ,

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.