健康 精神ケア

瞑想と集中で脳を覚醒させる仕組み

投稿日:

日頃から瞑想と集中を意識すれば、たとえ歳をとっても脳を覚醒させることができます。

豊かな老後を過ごすヒントになるので、瞑想状態と集中状態を上手くコントロールして役立てましょう。

瞑想も集中もどちらも思考を使った状態なのですが、同じではなく、両者は微妙に異なります。
端的に言うと、集中は力をもたらすもので、瞑想は知恵をもたらすものになります。

集中は現実の世界で成功するために欠かせない行為で、瞑想は心の世界の成功に不可欠です。
心身共に成功を収めることが真の人間力を高めることにつながるので、瞑想と集中で脳をしっかり覚醒していく必要があります。

集中することで目に見える技術や知識が身につき、瞑想することで目に見えない技術や知識が身につくと言えばわかりやすいでしょう。

集中と瞑想にしっかり取り組んでいけば、天才的な能力を得ることも夢ではありません。
人生の真理を得るには瞑想が必要なので、集中力を高めながら実践していけば、自ずと脳は覚醒していくはずです。

集中と瞑想は妄想や空想とは違い、瞑想状態は物思いにふけったり、果てない夢を見ることではありません。

空想や妄想はただぼんやりと考える行為に過ぎませんが、瞑想は目的を持って集中するので努力と訓練が必要で、体得するまでには時間がかかります。
空想は心のコントロールを失わせるので人を危険にさらす可能性がありますが、瞑想は逆にしっかりと心をコントロールしてくれます。

願望と集中力が結びつくことで瞑想状態に入ることができるので、瞑想するには心と体のエネルギーが必要になります。

最初は中々実感がわきませんが、真剣に取り組んでいくと、心が清らかになり、幸福感や安らぎを得られるようになります。
瞑想というと科学的な根拠がないのでなんとなく怪しい感じがしますが、多くの成功者は習慣に取り入れていて、大きな成果を得ています。

ブッダやキリストなどの偉大な宗教家は、瞑想の習慣の重要さを説いていて、現代においてもとても大切なことです。

集中力を高め、瞑想を習慣化することは、セルフコントロールに役立ち、脳を覚醒させるだけでなく、自らの運気を高めることにもつながります。
集中力は力をもたらしてくれるので、色々なチャンスに恵まれ、成功を引き寄せる試金石になります。

現代社会は、日常生活において空想状態に陥りがちで、消極的な精神状態にあると何事にも集中できません。
上の空の状態が続くと集中力が衰え、いざという時に集中するのが難しくなります。

瞑想と集中で脳を覚醒させ、これからの人生を力強く生き抜いていきましょう。

よく読まれている記事

-健康, , 精神ケア
-,

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2017 AllRights Reserved.