チャレンジ 学び 知識

思考をデザインする右脳型仕事術

投稿日:

人間の多くは右利きであることが知られていますが、10パーセント程度の人は左利きであると言われています。多くの動物が存在している地球上で、90パーセント程度が右利きなのは人間だけであり、他の生物にはない特徴であると言われています。

人間に利き手が存在しているように、脳にも利き脳があると考えられています。右の脳は直観力や空間認知力を司り、左の脳は言語力や分析力を司ると言われています。仕事をする場合や思考する際、右脳型であるか左脳型であるかによって、パフォーマンスに違いが発生し、適性が異なってきます。

右脳型の人は、感覚や感性などを直感的、総合的に判断することが得意であることから、音楽や芸術などの仕事に向いていると言われています。右脳型のビジネスパーソンは、想像力や問題解決能力、願望実現力が高いとされていることから、イメージしたことや直感的に思考した内容を形作る仕事に向いていると考えられています。

右脳型の人は思考能力が高い反面、理屈っぽくコミュニケーション能力が低めという意見もあります。音楽家や芸術家の中には、日常のコミュニケーションを取ることが難しい人がいることから、右脳が発達していると感じている人は、普段から周りの人とのコミュニケーションに気を配ることがポイントになります。

左脳型の人であっても、トレーニングによって右脳を発達させることが可能であり、クリエイティブな仕事をするために意識して右脳を働かせることが可能であると言われています。右脳を活性化させることによって、斬新な発想やひらめき、イマジネーションを仕事に反映させることが可能になり、複数のことを同時に行いやすくなり、効率性がアップします。

また、右脳を鍛えることによって、直観力、判断力が向上し、ビジネス上の課題や問題に対して仮説を立て、検証、実行、解決する時間を短縮化させることができると考えられています。また、組織や会社全体を俯瞰的に見る目が養われ、経営者目線で業務を行えるようになります。

右脳を鍛えることは意識することで可能であり、音を使って右脳をトレーニングすることができます。もっとも簡単な方法は、利き手でない方の手を使うことです。普段利用しない手を使って生活することにより、右脳の働きが活発になります。ドアを開ける時やスマートフォンを取る際などの何気ない動作を利き手と違う方の手を使うことで、右脳を活発化させることができます。

よく読まれている記事

-チャレンジ, 学び, 知識
-, ,

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.