チャレンジ 社会貢献 精神ケア

帝王学で真のコミュニケーションを学ぶ。お節介にならない徳の積み方

投稿日:

帝王学とは、簡単に言うと人の上に立つ人が受けるエリート教育のようなものです。伝統ある家系や王族と言った特別な地位の人が受けていた教育です。帝王学という学問があるわけではありませんが、現代の一般人もこの帝王学から学ぶべきことはたくさんあります。

社会が変わって生まれで地位が決まることはなくなった現代でも、人はさまざまな人と関わりあって、社会的な役割を持って生きています。

帝王学では人の上に立つ人のあり方を学ぶことができます。他者を管理し、指導する立場でありながら、下から慕われることが重要だからです。上に立つ人は他人を思いやる気持ちを忘れてはならず、強い責任感を持って行動しなくてはなりません。これは正義を求めるのではなく、強い統率力が必要です。統率力をつけるためには、徳を積むことが大切です。

職場の環境はリーダー次第と言っても過言ではありません。将来に対して明るい希望が見いだせ、成長することができると期待でき、自分の役割に自信が持てる場が求められます。

リーダー自体に仕事そのものを遂行する能力がなくても、統率力があれば会社はうまく回っていきます。人には得意不得意があるわけですから、適材適所に人を配置してやる気にさせればよいのです。

リーダーの善い行い、徳を積む行動は下の人から尊敬を受ける対象となるでしょう。尊敬されるリーダーがいれば職場内のコミュニケーションもスムーズに行えます。ただし部下の世話をやきすぎてしまうと、お節介にになってしまうことがあります。

任せる部分は任せ、リーダーはその責任を負えばよいのです。進捗が気になることもあるかもしれませんが、大きな問題になると予想されない限りはそっと見守っておき、いつでも助け舟を出せる状態にしておくと良いでしょう。

こうした教訓は会社だけでなく、交友関係、家庭の中でも生かすことができます。他者に一定の信頼を置いて任せ、自身はその責任を負う。人間は社会性のある生き物ですので、必ず役割分担があります。

役割にちょっかいを出してしまえば、その人の居場所を奪ってしまうことになります。一番いけないのはコミュニケーションがうまく取れていない状態です。何か意見があれば率直に言えるような環境を作ることは、仕事、交友関係、家庭など対人関係を円滑に進めていくうえでとても重要です。

帝王学ができたのは古い時代ですので、もちろんすべてが正しいというわけではありません。自分なりに解釈をして生かせる部分を生かし、時代の流れにあった考え方をすることも大切です。

よく読まれている記事

-チャレンジ, 社会貢献, 精神ケア
-, ,

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.