チャレンジ 健康 知識

右脳・左脳別の脳のトレーニング方法

投稿日:

脳はトレーニングをすることでより活発に活動させることが出来るようになります。

下記に具体的な左脳、右脳のトレーニング方法を記載していきます。脳のトレーニングは楽しみながらするのがコツですから、気張らないでリラックスして楽しみましょう。それが最も効果があります。

まずは左脳ですが、こちらは計算などの理論的なところを司るところですので、計算などをするといいでしょう。具体的には計算問題を解いたりするといいでしょう。計算問題のようなものでは楽しめないという場合には、数独パズルのようなものもあります。パズルもいいトレーニングになりますから、これをするのもいいでしょう。

普段の生活でもかなり鍛えることは出来ます。例えばレシートのお金の計算を暗算でするというのも一つのトレーニングになります。レジでお金の計算を暗算ですることは、かなりの頻度であるでしょうからこれはかなり効果的なトレーニング方法です。

最近では電子マネーのようなもので頭を使わなくなっていることも多いですから、実際のお金のやり取りでトレーニングするのは効果的です。答えがお釣りとなって出てくるので、答え合わせもその場で出来ます。左脳は理論的なことを考えることで鍛えることで出来るので、お金の計算や数字の計算などが手軽に鍛えることになります。

右脳については、発想力を鍛えることでトレーニングをすることが出来ます。こちらは直観力などを働かせるところなので、速読などがいいでしょう。

見る、読む、覚えるということを速読は瞬時に行う必要があるので右脳をトレーニングするにはもってこいです。どんな本でもいいですから速読してみるとかなり普段使っていないところを使っている実感が湧くはずです。普通に本を読んでいても使わないところが多くありますが、速読をするとそうした使わないところをフル稼働して使うことになります。

また、仲間はずれを探すようなゲームをしてみるのもいいでしょう。これは直観力を養うトレーニングでもあります。絵というのは膨大な情報がありますから、それらを受け取りながら、どこが違うのかを見つけるのはとても大変な作業になります。

脳のトレーニングでは、かなり疲れることが多くありますが、これは脳をそれだけ使っているということを意味しています。疲れたら休んでまた元気になったらトレーニングをするということを繰り返していくと、脳は細胞から活性化していくでしょう。

よく読まれている記事

-チャレンジ, 健康, 知識
-, ,

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.