ITライフ チャレンジ 学び

右脳を鍛える!脳トレ系アプリランキング

投稿日:

健康的で豊かな生活を送るためには、体を鍛えることはもちろん、脳も鍛えておくと毎日はつらつと過ごすことができます。

最近では、楽しみながら右脳を鍛えることができるアプリも登場していますので、それらを取り入れることは脳の活性化に役立ちます。

スマホアプリで上位にランキングしている脳トレソフトのうち、トップは世界初のリアルタイム対戦型スマホアプリ「Brain Wars(ブレインウォーズ)」。このアプリは、誰でも理解することができるというコンセプトのもとに設計され、子供から大人まで頭脳勝負を楽しむことができます。

言葉による説明がなくても理解できる計算ゲームや、図形を選択するゲームなどシンプルな課題をこなして、相手プレイヤーとスコアを競い合います。ライバルに勝てば、世界ランキング上位も夢ではありません。しかも、バトルはリアルタイムで進行し、世界中のプレイヤーと競争できる点もこのスマホアプリの魅力です。

2位にランクインしているのは、脳神経学分野の専門家が開発に携わった本格的脳トレアプリ「PEAK(ピーク)」。記憶力や注意力など、それぞれ能力にあうミニゲームをこなしながら脳を鍛えることが可能です。

ゲームの結果では、脳力がグラフ表示されます。自分自身の現状が把握できるようになっていますので、やる気アップに繋がります。しかも、毎日このアプリが目標を示してくれますので、まるで専門家からマンツーマンレッスンを受けているような気分に。あらゆる面から脳力を試せるミニゲームが揃っているため、脳力に自信がない方におすすめです。

続いて3位にランクインしたのは、閃きやなぞなぞ、画面が変化する問題などが約400問揃っている「Aha![アハ]-脳トレとアハ体験で頭を柔らかくする無料IQゲーム-」。3分でこなせるテスト形式モードも準備され、忙しい方も短時間で解けるようになっています。

4位は、反射神経および周辺視野を試せるパズルゲーム「Touch the Numbers」。1から25まで数字が記載されたパネルを1から順番にタップしていくシンプルなルールです。注目すべきは、1名でも複数プレイヤーでも楽しめるモードが搭載されていること。

ランキング形式とバトルモードが準備されています。ランキングは、1から25全部のパネルをタップし終えるまでのタイムを世界中にいるプレイヤーと競うモード。1回につき20秒前後で終わるため、移動時間でもプレイすることが可能です。

そして5位は、「四角い頭を丸くする - IQ・PQ・アハ体験の脳トレテスト」。法則を見つけたり、発想の転換が必要になったり、問題の種類が豊富なので飽きずにプレイできる点が魅力。解きにくい問題はSNSでシェアすることもできるので、友達同士で考えれば楽しみながら頭を柔軟にすることができます。

よく読まれている記事

-ITライフ, チャレンジ, 学び
-, , ,

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.