アクティブ チャレンジ 健康

右脳の働きを使ったゴルフスイングの上達法

投稿日:

ゴルフのスイングにおいて、左脳を使うとか、右脳を使うなどといった表現を聞いたことがある人も多いでしょう。基本的に左脳は論理の脳と言われています。論理的に物事を考えたり、計算をしたり、喋ることなどを司っています。一方の右側は、感覚的な脳です。ものを描いたり、感じることに優れています。

初心者から中級者にありがちなのが、論理的に考えようとしすぎて、理屈でばかりスイングを捉えている人です。アドレスのときの手の位置、肘の角度、テイクバックのときのクラブの通り道がここで、ダウンスイングにグリップエンドが指す角度はこうでなければならない、など理屈にこだわりすぎて結果良いスイングができていないという人を、よく見かけます。これがいわゆる左脳でスイングを捉えている状態です。頭の中で考えることが多ければ多いほど、体はスムーズに動いてくれません。ぎこちないスイングになったり、変な癖がついてしまったりとあまりポジティブとは言えない状態に陥ることが多いです。

そんな時は、いっそ理屈は排除してしまった方がすっきりします。もっと感覚的に、無意識的にスイングをすれば、一気に上達することだってあり得ます。技術的なことは一旦横に置いておいて、感覚のみでスイングをしてみます。言葉で言うのは簡単ですが、この右脳の働きを使ったスイングは、意外と難しいです。細かな技術のことばかり考えてきた人ならなおさらです。

つい技術のことを考えてしまい、感覚のみというわけにはいかなくなってしまいます。ただ、これは長年の癖ということもあるので、焦る必要はありません。少しずつ右側を使えるように訓練をしていけば良いです。

右脳を使うスイングを行うコツとして、球筋を思い描くということがあります。細かいスイングの断片的なことではなく、自分が今から打つボールの球筋はこうだというきれいな弾道を思い描くことで、無駄なことを考えずに済みます。それは、右側を使う上でとても効果的です。

もう一つポイントを挙げるとすれば、リラックスしてスイングをすることです。頭の中がクリアで落ち着いていないと、右脳の働きを最大限に生かすことができません。大きく息を吐いて肩の力を抜き、特に腕を始めとした上半身には無駄な力が入っていない状態を作ることが成功の鍵です。

右脳の働きを使うこの感覚を突き詰めれば、いわゆるゾーンに入るという経験も夢ではなくなります。ゴルフにおいて理屈を捨てることはある種恐怖を伴います。しかし一方で、思い切った変化をつけることでゴルフが一気に良くなったというのもよく聞く話です。それを目指すのに右側を積極的に使うことは、とても優良な選択肢です。

よく読まれている記事

-アクティブ, チャレンジ, 健康
-, ,

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.