デジタル教材 教材

老後破産にならないためのスマホマーケティング百科事典のススメ

投稿日:

こんにちは、LIFE24編集部です。

本日は老後破産にならないための
スマートフォンマーケティングのススメです。

ネットと言えばパソコン。

過去にはそんな時代がありましたが、今やネットと言えば「スマホ」です。

 

あなたもご存知だと思いますが、今、マーケティングの主戦場はPCからスマホへ移り変わり

2012年から2015年の間でスマートフォンの市場規模は6.9倍まで膨れ上がりました。

 

その市場規模の拡大スピードは減速することなく、現在はPCを追い抜く程の規模となりました。

 

更にはGoogleのアルゴリズムもスマートフォン利用に最適化されたサイトが優遇されやすくなるように変更すると発表があり、

世はまさに「スマホファースト」と呼ばれる時代になっています。

なので、スマホ集客はこれからの時代には決して欠かすことのできない普遍的なものとなるでしょう。

今、PCサイトのみで集客をされているとするなら非常に危険です。

 

いくら集客力のあるPCサイトを持っていたとしても、いずれその集客の柱はベキッと折られPCサイトからの流入数はどんどん減っていく事でしょう。

トレンドに合わせて自社の集客法も見直さなければ、あっという間に時代に取り残されてしまいます。

 

ただ、ここで勘違いして欲しくないのが「スマホサイト」を持っていれば、誰でも集客ができるという訳ではないという事です。

集客ができるスマホサイトにはいくつもの施策が張り巡らされ、

 

まるで蜘蛛の巣にかかった蝶の様に
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
一度足を踏み入れてしまうと
^^^^^^^^^^^^^^
簡単に逃れられないように
^^^^^^^^^^^^^
思考を凝らして設計されています。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

決して難しい事ではありません。

ただいくつかの「スマホ集客の核となるノウハウ」をキチンとサイトに反映すれば

 

必ずあなたのスマホ集客は上手く行くでしょう。

今日はその「スマホ集客」について、

このメルマガ読者限定で、すぐにでも取り組めるテクニックを公開しようと思います。

 

そのテクニックの名を、『スマホEFO対策』と呼びます。

 

スマホEFO対策とは、簡単に言ってしまえばエントリーフォームの最適化です。

このメルマガをお読みの方の中には、スマホで買い物をされた経験のある人も多いと思います。

でも、自分の情報を登録しようとしたときに、

 

「途中まで入力してみたけど、面倒になってやめてしまった」

 

そんな覚えがある方も相当いるのではないでしょうか。

事実、エントリーフォームの離脱率は約半数近くにも上り、

 

ここを改善するだけで、成約率が2倍になったケースも本当にある位です。

では、そのスマホEFO対策。

お勧めの対策としては、、、

1、電話ボタンをエントリーフォーム上部に設置する

そもそも、スマホは電話です。

入力に手間が掛かって、

『面倒くさいなコレ・・・』

と少しでも思われたら、売り上げを1件失うと思ってください。

10人そう思われたなら、10件失う。100人そう思われたら・・・

とても馬鹿には出来ない話ですね。

 

であれば、一々入力フォームに文字を入れるよりも、

 

電話して口頭で伝えてしまった方が簡単と考える人がいても、おかしくはありません。

 

ワンタッチで電話が掛けられるよう、入力フォームで目立つようにしておくのがお勧めです。

 

2、入力フォームの各項目に記入例や記入事項を明記しておく。

入力フォームに灰色で、うっすらと「姓」「名」とか「市町村名」「番地、ビル名」と記載されているのを見たことがあると思います。

これ意外と重要です。

そこで買い物しようとしている人は、どこに何の情報を入れれば良いか、

「分かっていない人が、必ずいる」

と考えた方が良いです。

一つの欄に、こちらが予想していないような内容を入力して、

登録しようとしたらエラー画面が出る

↓↓↓↓

再度入力するのが面倒になって離脱した、

 

そんなケースも多いのです。

 

であれば、最初から間違った情報を入力されないよう、

どこに何を入れてもらえば良いか、それを分かりやすく明記しておくことで、離脱を防ぐことが出来ます。

また、スマホの画面はPCに比べれば非常に小さく、情報を入力している箇所が実は思っていたのと違うところだった、という事もあります。

それも、結果的にエラーとなり、離脱につながってしまうので、

記入例や入力してほしいことをフォームに記載しておくようにした方が、

ミスが少なくなり、
結果的に売上につながりやすくなります。

3、自動入力や、入力補助を活用する。

郵便番号を入れると、

都道府県、市町村、地域名までがパッと一発で入力されたのを見たことがあると思います。

とにかく、出来る限り入力しなくて済むよう、入力補助、自動入力を活用してください。

簡単になればなるほど、離脱率は減りますし、

 

間違ったデータが登録されてしまう確率を防げるようになります。

このように、何らかの販売サイトを持っていて、上記3点の対応がまだの場合は、ぜひ対応してみてください。

また、

入力フォームで離脱するような要因を、一つでも多くあぶり出すためのポイントは、

重箱の隅をつつくような感じで、

・そのフォームの悪いところ、
・気に入らないところ、
・ツッコミどころ、

これを意識しながらあぶり出ししてみると良いでしょう。

「なんだよこれ、文字が小さいなぁ」
「もっと入力簡単にならないの?」

 

そう思いながら、意地悪く突っ込んでみてください。

まさか、こんなところまで誰も考えないでしょ・・・

 

というところが、意外とネックになっていたりする場合があるので是非実践してみてください。

 

実は、まだまだこの他にも「スマホ集客」で取り組むべきノウハウやテクニックは無数に存在するのですが、

その全てを包み隠さずギッシリと詰め込んだ、DVD教材が今公開されています。

 

その名も、

『スマホマーケティング百科事典』

 

・スマホで売上、集客を最低でも200%アップさせる戦略と、その方法

ということで、

⇒売れる商品企画の立て方
⇒スマホでの集客方法、
⇒反応が取れるスマホサイトの作り方、

などなど・・・

これでもか、という位、ギッシリとノウハウが詰め込まれています。

 

このノウハウを使って業績アップ、集客アップ、売上アップをさせ、大成功した業種は、こんなところがあります。

・飲食店
・整体、カイロプラクティック
・歯科矯正、インプラント
・旅館
・通信販売
・レストラン
・行政書士
・求人向けサイト
・クリニック
・自動車修理
・着物レンタル
・墓石販売
・映像制作サービス
・バスケットユニフォームECサイト

 

その"業績アップの要"となった「スマホ集客」のノウハウが、

3日間100セット限定で今、公開されています。

 

気になる方は
見逃さないようにチェックして下さいね。

今すぐこちらをクリック

 

嬉しい60日間返金保証付き。あなたにリスクはありません。

 

追伸:

かつてはパソコンでホームページを作って集客をした時代がありました。

しかし最近はスマホのみ。
というところも増えています。

PCの利用料からスマホユーザーに圧倒的にシフトしたことで、これからはスマホを活用して稼ぐ人が爆発的に伸びます。

あなたはスマホを利用する人?それとも収益にする人?

よく読まれている記事

-デジタル教材, 教材
-, ,

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.