アクティブ チャレンジ 社会貢献

スクール・旅行も格安に!節約に役立つ「シェアリングエコノミー」を紹介

投稿日:

シェアリングエコノミーはヨーロッパ諸国やアメリカで広がっている新しい市場となっています。

日本においても2016年の1月に東京都の大田区で一般の住宅にある空き部屋などを宿泊所として提供する民泊が解禁されることとなり、大きな話題となりました。そもそもシェアリングエコノミーとは空き部屋や空き家などの目に見えるものから、家事や料理の代行などの目に見えないものなどの、個人が持っている遊休資産の貸し出しを仲介するサービスとなっています。

また、このようなサービスの取引がインターネット上で行われているのも大きなポイントの1つとなっています。使われていない資産やリソースを有効的に利用していくことで新たな価値を見出すことができ、節約することができます。生活に上手に取り入れることによって、今までの経済の形では得ることができなかった利点が、サービスを利用する側にも提供する側にも仲介する企業にも発生します。

利用する側としては、企業を仲介することが減り今までは徴収されていたマージンを抑えることができるため、従来よりも低価格でスクールや旅行などのサービスや商品を利用することができ、節約につながります。

企業側として注目が集まっているのはクラウドソーシングという分野です。一般的には会社の外部から技術や資金を集めることをいいます。

新たにプロジェクトを立ち上げる際に自分の会社で持っていないフローや技術が必要となった時や、一定期間の間だけ人手を増やしたいという時に、会社の外部からその分野に優れた人に業務を委託することで、自分の会社で業務を行うよりも短い時間で高い品質の成果を期待することができます。

シェアリングエコノミーが生まれたのは2008年にアメリカで民泊の仲介サービスが始まったことからでした。その後、車のシェアやペットシッターなど、個人と個人の間でものを貸し借りするための仲介サービスが続々と登場しました。

このようなサービスが発足し普及している背景には、インターネットが広まり、スマートフォンやタブレット端末が普及してテクノロジーが発展したという点があります。利用する側はスマートフォンが1つ手元にあるだけで場所も時間も選ばずシステムにアクセスして使用することができ、サービスを受けやすくなりました。

インターネット上で個人の間でいらないものをやり取りするというシェアリングエコノミーは日本でもさらに広まっています。

よく読まれている記事

-アクティブ, チャレンジ, 社会貢献
-, , ,

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.