チャレンジ 健康

キャンプの再ブーム!スノーピークの魅力

投稿日:

和製アウトドア用品メーカーとして知られているスノーピークは、新潟県燕三条で金物問屋を営み自らも登山家として活動した創業者が市販の道具に満足できずに欲しい物を自分で作り上げたことが始まりです。金物問屋の創業は1958年。「スノーピーク」の商標が登場するのは5年後の1963年です。

スノーピークが取り扱う商品はキャンプ用品が主流です。しかしそれに終始せず、キャンプフィールドまで運営しています。フィールドの訪問者はそこで実物展示されている商品の使い心地を吟味したり、気になった商品を一晩レンタルすることもできるようになっています。

同様の商品試用の場は上記キャンプフィールドの他、アウトドア商品についての情報交換の場として1998年から催されてきた様々なイベントがあります。

そもそも事業目的が、「自然志向のライフスタイルを提案し実現すること」なので、こちらの活動こそが彼らの原動力になっているのかも知れません。これらの催し物は、情報交換の場という意味ではユーザーにとっても同じです。気になる商品の評判を所有者から直接聞き出せる場にもなっているため参加者全員にとって有意義なイベントになっています。

商品面では、この会社独特の取り組みとしてシュラフのクリーニングとテント、タープ、シェルターの乾燥を行う有料のサービスがあます。これらの処理は家庭でも可能ではありますが、乾燥の手間まで考えるとあまり現実的ではありません。

季節によっては中身が半乾きという状況になりがちで、そうなった場合、商品寿命を著しく縮める原因を作ってしまいます。この手の作業は、商品を熟知した製造元に依頼するのが一番なので、確実性を優先するユーザーにとっては歓迎すべきサービスと言えます。

これも同社の特徴ですが、スノーピークの商品には保証書が付いていません。意味するものは「売り切り商品につきアフターサービスなし」というものではなく、逆に「適当な理由をつけて製造者責任を回避することはありません」という意思表示です。

具体的に書けば、不具合の原因が製造上にあると判明した場合は購入時期に関係なく無料で修理または交換してもらえます。もちろん使用者責任による不具合品の修理であっても、それが著しく困難な場合を除いて修理に応じてもらえるので後まで安心です。

いずれにしても根底にあるのは「修理しながら長く愛用する」という精神なので、気に入った商品を気兼ねなく選ぶことができ、そこが魅力のひとつでもあります。

高い品質と行き届いたアフターサービスで評判の高いスノーピークは、良い物を手入れしながら長く使いたいというエコロジー派にぴったりのブランドです。

よく読まれている記事

-チャレンジ, 健康
-,

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.