ITライフ チャレンジ 知識

カレンダー・予定もスマホアプリ管理が新常識。そのメリットとは

投稿日:

従来ならば、スケジュールを管理するための方法は「手帳」「カレンダー」を利用するのが普通でした。というよりも、それ以外には選択肢となり得るものがほとんどなく、機能性を考慮してもそういったツールを用いて予定を管理することが効率的でした。当然、現在でも同様の方法を用いて管理することはできます。長年慣れ親しんだ方法のほうが間違いも少なく安心して管理できると考える人も多いですが、時には新しい方法にチャレンジすることも大切です。

今、スケジュール管理をするためによく利用されている方法は「スマホアプリ」です。これは、スマートフォンの普及率が非常に高くなったことが最大の要因と言えますが、どこに行くのにもスマートフォンを持ち歩き、人によっては四六時中画面を見ていないと落ち着かなくなるほど日常生活に浸透しています。高齢者になると敬遠してしまう人もいますが、現代的で効率的なツールに対して抵抗がないのであれば、スマホアプリは非常に便利です。

そもそも、スマートフォンにはカレンダーアプリが内蔵されています。稀にそういったアプリが一切内蔵されていない場合もありますが、そういう状態だったとしても自分でアプリをインストールすることが可能です。もしも手帳で管理をしているのであれば、まずは納得のいくデザインを見つけることが必要です。また、毎年買い替えなければいけないものなので、年月が経つにつれて過去の手帳を管理する手間も増えて行きます。

しかし、スマホアプリであれば買い替えの必要はありません。デザインについてはしっかりと厳選する必要があるものの、途中で気に入らなくなった場合には別のアプリに乗り換えることも簡単にできるので、それほど神経質になる必要がない点も魅力です。

スマホアプリに予定を入力しておくと、その日または指定したタイミングにスケジュールをお知らせしてくれます。手帳に記入したものならば自分で確認しない限りは知ることができませんが、自動でお知らせをしてくれれば忘れてしまう心配を減らすことができます。また、予定を入力したタイミングではなく当日で管理できるので、万が一、重複してしまった場合も問題ありません。

さらに、一部のアプリは複数の端末から情報を共有することができます。スマートフォンで登録しておいたスケジュールをパソコンで確認したり、逆にパソコンで設定したスケジュールをスマートフォンで通知させることも可能です。

よく読まれている記事

-ITライフ, チャレンジ, 知識
-, ,

Copyright© LIFE24|人生100年 健康で豊かな生活を創造するライフエンターテイメント , 2018 AllRights Reserved.